New「新しいキッチンと道具」を公開

無限ヤングコーンがあまりにも美味すぎる

無限ヤングコーンと手食と料理

ヤングコーンのめちゃくちゃ美味しい食べ方を発見したんでシェアします。

ちゃんとした料理名をつけるなら「ヤングコーンの焦がしバター醤油焼き」みたいな感じなのですが、僕はこれを「無限ヤングコーン」と名付けました。

その名の通り、美味すぎて無限に食えちゃうやつです。

そうだ、ヤングコーン食べよう

ヤングコーンとボウル

ヤングコーンが食べたくなったのは、きいとさんのこちらのツイートがきっかけ。

知らなかったんですが、ヤングコーンって5-6月が旬だったんですねー。

ちなみにベビーコーンって呼び方もありますが、どっちも同じものらしいです。

この時期は水煮の缶詰ではなくフレッシュな生ヤングコーンも売ってるってことで、早速買いに行きました。

パック入りのヤングコーン

シンプルにバターと醤油で焼くだけでも、めちゃくちゃ美味しかったのですが。

何度かリピートしつつ、作り方を変えて試していった結果、最高に美味しいレシピを発見してしまいました。

無限ヤングコーンの作り方

では作り方をご紹介していきましょう。

必要な材料はこちら。

材料
  • 生ヤングコーン:8本ほど
  • バター:10g
  • 醤油:小さじ1
  • みりん:小さじ1
  • 酒:小さじ1
  • 砂糖:ひとつまみ
  • 味の素:ひと振り

もし生ヤングコーンがなければ、水煮でもOKです。

なお僕が使用しているこだわりの偏愛調味料については以下記事で紹介しておりますので、ご興味ある方はこちらもご覧いただければと。

では調理手順を紹介しましょう。

作り方
  1. 生ヤングコーンを電子レンジ(600W)で1分30秒加熱(※水煮のヤングコーンを使う場合は不要)
  2. フライパンに火をつけてバターを投入する
  3. ヤングコーンを投入し、軽く焦げ目がつくまで焼く
  4. 調味料を全て投入し、醤油の香ばしい香りが立つまで煮詰めて完成

まずラップをかけて1分半ほど電子レンジで加熱します。

電子レンジ加熱後のヤングコーン
レンチンすると少しシナッとなります。

フライパンにバターを溶かしていきます。ここは強火でOK。

フライパンにバターを溶かす
ちなみに使用しているのはturkの鉄フライパン。こういう焼き料理にぴったりなんですよね〜。

バターが大体溶けたら中火にしてヤングコーンを投入。

ヤングコーンとトング

転がしながら焦げ目がつくまで焼いていきます。

ヤングコーン焼き途中
結構すぐ焦げ目がついてきます。
焦げ目付きのヤングコーン
これくらいになったらOK。

こんな感じで焦げ目がついたら、弱火にして調味料を全部投入。

調味料を投入
火が強すぎると一瞬で蒸発して跳ねますんで、弱火にしておきましょう。
調味料と煮からめるヤングコーン
ジャーっと汁気がなくなるまで転がしていきましょう。

ちなみに調味料はあらかじめミニ計量カップに入れて準備しておくと、慌てなくていいのでおすすめですよ。

ミニ計量カップ
直立型のミニ計量カップが便利です。

フライパンに汁気が無くなって、醤油の香ばしい香りがしてきたら完成。

煮詰めたヤングコーン
とんでもなくいい香りが漂っております。
完成した無限ヤングコーン
今回はシンプルにそのまま盛り付けましたが、見栄え的にパセリとかかけてもいいかもしれないです。

全体で5-6分もあればできちゃいます。簡単ですねぇ。

実食

無限ヤングコーンと手
ま、実際ナイフは使わないんだけど(笑)

では食べてみましょう。

ひとくち頬張ると、香ばしさと甘さが口の中に広がってめちゃくちゃ美味い!

ヤングコーンならではのシャクホクッとした食感も面白いです。

無限ヤングコーンと手2

見た目はただの焼いたヤングコーンなのですが、粒の間にタレがしっかり染み込んでいて意外と味は濃い目

これはお酒のおつまみにも最適なんじゃないかと思います。

醤油のみで作っても美味しいんですが、僕はそれだとちょっとしょっぱく感じたんで、酒・みりん・砂糖を加えて少し甘味が感じられるタレにしました。これはバズレシピさんでよく紹介されている配合っすね。

ひとつまみの砂糖
ひとつまみの砂糖が隠し味って感じ。

もっとしょっぱい味わいが好みの場合は、バターと醤油のみで作ってみるといいですよ。

実は主役級の食材だった

完食

てなわけで無限ヤングコーンのご紹介でした。

ヤングコーンってどちらかというと脇役的なイメージがありましたが、この調理法だと完全に主役級の存在になりますね。

普段目立たない存在なのに、本気出すとメインを食っちゃうレベルの料理に昇華するとは…。

なんだかヤングコーンがカッコよく見えてきました(笑)

パック入りのヤングコーン2

僕はいつも「もっとたくさん買っておけば良かったな〜」と後悔するんで、最近は見かけたら2パックは買うようにしております(笑)

包丁要らずで簡単に作れますんで、スーパーでヤングコーンを見かけた際はぜひお試しあれ〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました