New「1月読んで良かった本」を公開

Foldio3を使ってクローゼット内に「ブツ撮り用撮影スペース」を作ってみた

クローゼット内の撮影スタジオ Foldio3カメラ

クローゼット内にブツ撮り用の撮影スペースを作りました。
ブツ撮りというのは、その名の通り「物を撮影する」という意味です。

ブログをやっていると、ブログ掲載用にブツ撮りをすることが頻繁にあるんですが、その撮影の準備がまぁまぁ大変なんですよね。

そこで撮影をもう少し効率化したいなぁと思い、クローゼット内に撮影スタジオを作ってみました

もっと気軽にブツ撮りがしたい

ブツ撮りにも色々とやり方があると思いますが、僕は次の3パターンで撮ることが多いです。

僕がよく撮る方法
  1. 真上から見下ろした俯瞰撮影
  2. 正面から捉えた撮影
  3. 無地背景での撮影
無限ヤングコーンと手
1.真上からの俯瞰撮影
ジン梅酒5ヶ月目2
2.正面からの撮影
3.無地背景の撮影

1と2はすでに仕組み化していて、思い立ったらすぐに撮影できるようにしています。

問題は3の「無地背景での撮影」です。

今までどうやって撮影していたかというと、こんな風に壁に背景シートを貼り付けて撮っていました。

これまでの撮影方法

撮影の度にシートをテープで貼って、撮り終わったら剥がして丸めて収納して…と、なかなか面倒だったんですよね。

全て片付けた後に撮り忘れがあることに気づくこともあり、その時はまたセッティングし直して撮る、みたいなことをしておりました。

それが面倒くさくて、結局撮らずに済ますことも(笑)

そこで、もっと簡単に・素早く撮影ができるよう、無地背景のブツ撮り専用スペースを作ってみようと思い立ったわけです。

クローゼット内に常設する

今回作った撮影スペースがこちら。

クローゼット内の撮影スタジオ
わかりづらいですが、これはクローゼットの中です。
撮影風景上から
こんなふうに被写体を置いて撮影する。

Foldio3という撮影ボックスを、ウォークインクローゼットの奥に設置した形です。

こういうものをお部屋にそのまま置いちゃうと邪魔で仕方がないと思うんですが、クローゼット内であれば邪魔になりません

クローゼット部分
矢印の部分がクローゼット。この中に撮影スペースを作りました。

Foldio3は折りたたみ式で、撮影したいときに素早く展開することが可能なんですが、僕はその展開作業すら面倒に感じまして、クローゼット内に常設しちゃうことにしました(笑)

ちなみに服はどこに行ったのかというと、クローゼット内の右側にハンギングスペースがあってそこに全てハンギングしております。

クローゼットのハンギングスペース
撮影スペースの右隣に広めのハンギングスペースがあるので、服はそこに全て収納。

今持っている服はそんなに多くないんで、奥のスペースを撮影用に空けることができました。

撮影スペースは棚の横にスイッチを付けており、このスイッチをONにすると照明が点灯するようになっています。

Foldio3の照明スイッチ
Foldio3の照明スイッチ。明るさは無段階調整できるようになっています。

基本的にはこのスイッチをONにするだけで撮影を始めることが可能。

背景シートを変えれば、白だけでなく黒やベージュなど他の背景色に変えることもできます。

マジックテープ式の背景用紙
白と黒の背景シートはマジックテープで取り付けできるようになっている。

クローゼット内なのでそんなに広いスペースではないんですが、撮影するのに特に不便は無い感じ。

前準備なしにクローゼットを開ければ即撮影可能となって、ブツ撮りがだいぶ楽になりました。

使用アイテム

今回の設備を作り上げるのに使用したアイテムを紹介しましょう。

撮影ボックスはORANGEMONKIEのFoldio3というアイテムを使用しています。

これはLEDライトが内蔵されている撮影ボックスで、簡単に設置・展開が可能なのが特徴。

Foldio3のLED照明
こんなふうに、上部にLEDライトが内蔵されている。

Foldio3の詳細については、以下の紹介動画が分かりやすいです。

僕はFoldio3に、オプション品のHalo Bar(マグネットで設置できる棒状の追加照明)を付けて使っています。

Halo Bar
オプション品のHalo Bar。

Halo Barがあると多角的に照明を当てることができるようになって、影になっちゃう部分が減り、写真がより綺麗に仕上がるんですよね。

Halo Bar使用イメージ
こんな感じで、上からだけでなく正面等からも光を当てることで、より綺麗に写真が撮れる。

Foldio3を乗っけている台は、DEWELのプリンター台です。

サイズ感や高さがちょうど良かったんで、これをチョイスしました。

台の下には2段の高さ調整可能な棚がついているんで、ここに撮影に使う機材やアイテムを置いておけるようになっています。

プリンター台の棚
撮影器具だけでなく、被写体を一時的に置いておくスペースとしても使えて便利。

また、このDEWELのプリンター台の足に、結束バンドでFoldio3&Halo Barの照明スイッチを固定しました。

バンドで固定した照明スイッチ

電源はクローゼット内のコンセントから取っています。

コンセント口
下に付いている方がFoldio3のコンセント。

スイッチ付きの電源タップを取り付けたんで、いちいちコンセントを抜き差しする必要は無く、使わないときはスイッチをOFFにするだけで良いようにしました。

作例

この撮影スタジオで実際にどんな写真が撮れるのか、少し作例をお見せしましょう。

ブツ撮り_バイタミックスのカップ
白背景で小物を撮るとこんな感じ。
ブツ撮り_TickTime Pro
これは最近お気に入りのTickTime Pro。転がすタイマーです。
ブツ撮り_ココナッツオイル
ベージュ背景で撮ってみました。このカラー背景シートは別売りのオプション品です。
ブツ撮り_ブラインドバーバーのワックス
青背景だとこういう感じ。ちなみに写っているのは僕のお気に入りのヘアワックスです。
ブツ撮り_ラルチザンパフュームの香水
黒背景。シックでカッコいい。
ブツ撮り_クラマタ産業の霧吹き
黒はこういうシルバー類も映えますね。これはクラマタ産業の霧吹き

これらはわりとパパッと撮った写真なんですが、結構綺麗に撮れました。

個人的に気に入っているのは黒背景の写真です。

Foldio3に付属してくる黒背景のシートはベロア素材になっていて、光を反射しづらく、綺麗な黒背景で撮ることができるんですよ。

これは後方にカラーのLEDライトを置いて撮影してみました。

アイデア次第でいろんな写真が撮れそうなんで、とても気に入りました。

年末のDo It Yourself

クローゼット内の撮影スタジオ Foldio3

先週の記事に引き続き、ちょっとしたDIY系の記事が続きましたね(まぁ今回はDIYと言うほどのものでもありませんが 笑)。

これらのDIYは、年末の冬休み期間中にやっていたものです。

年末というと大掃除なんかをやるのが定番だと思いますが、何かを作って過ごすというのも楽しいな〜と思いました(大掃除もしましたが)。

ブログも料理もDIYもそうですが、何かを作るという体験は楽しいですね。

今年の個人的テーマは「Be creative(創造的であれ)」なんで、こういう何かを作っていく系の取り組みは、今年積極的にやっていきたい所存です。

あ、そういえばDIY関連の記事が多少増えてきたので、ブログのカテゴリーに「DIY」を追加しました。

今後何か作ってみた系の記事を書いた際は、このカテゴリーに入れていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました