New「2in1デスクの構築」を公開

感動する掃除機|Sharkの自動ゴミ収集スティッククリーナーが凄すぎる

Sharkの自動ゴミ収集スティッククリーナーが凄すぎる 日用品

今まで使っていたダイソンの掃除機が壊れちゃったんで、シャークの「EVOPOWER SYSTEM NEO+」って掃除機を買ってみました。

ちなみにシャークは、アメリカでシェアNo1の掃除機メーカーです。

今回購入したのは今月(2023年9月)発売されたばかりの最新機種なんですが、とにかく機能が凄すぎて、今までの掃除の常識が全て覆されるくらいヤバい掃除機

掃除機でこんなに感動するとは思いませんでした。

知らぬ間に超進化していた掃除機

シャーク スティッククリーナー ロゴ

4年ほど使用したダイソンの掃除機(V7 Slim コードレススティッククリーナー)が壊れちゃったんで、代わりの掃除機を買おうと思って調べてみたらビックリ。

最近の掃除機は、自動ゴミ捨て機能がついている機種があるんですな。

ドックに戻すだけで自動でゴミが吸い取られ、そのまま充電も完了するという。

ソファ横に設置したシャークスティッククリーナー

テレビCMなんかでもやってるみたいなんで、もしかして結構有名?僕はテレビを一切観ないので知りませんでした(笑)

調べてみるとこの自動ゴミ収集機能が付いている掃除機は、今のところPanasonicSharkが二大巨頭っぽい。

↓パナソニック

↓シャーク

ぱっと見の見た目でいうとパナソニックの方がコンパクトでスッキリした印象で良さげなんですが、実はパナソニックの方は細かいユーザビリティの部分で欠点があるみたいでした。

パナソニックの欠点については、この動画がめちゃくちゃわかりやすかったです。

対してシャークの掃除機は、ユーザービリティを徹底的に考え抜いて作られているという印象で、完成度が高すぎて全く欠点が見当たりません

調べれば調べるほど「これはシャーク一択だろう」と思えたんで、シャークの最新機種を買うことにしました。

Shark EVOPOWER SYSTEM NEO+ コードレススティッククリーナー

ソファ側から見たシャーク

こちらが今回購入したシャークの掃除機。

「EVOPOWER SYSTEM」シリーズの第二世代で、前作よりも25%ほど軽量化されたモデルです。

正直、感動ポイントが多すぎて全て紹介しきれないくらいなんですが(笑)、僕が特に良いな〜と思った点をいくつかピックアップしてみます。

指一本で転がせるレベルの軽さ

指一本で操れるシャークの掃除機

この軽さにはちょっと感動を覚えました。

電源を入れて転がすと勝手にスイスイ進んでくれる感覚があって、もはや指一本でも操作できるレベル

今まで使っていたダイソンの掃除機だと、毛足の長いラグの上などは結構力を入れないと掃除機を動かせませんでした。

ラグに掃除機をかける
毛足の長いラグの上でもスイスイ進む。

シャークの掃除機だと、こういうラグの上ですら軽い力で動かせます。これにはビビりましたね。

ちなみに軽いからと言って吸引力が弱いわけではなく、力強い吸引力でどんなゴミもしっかりキャッチしてくれます

この使用感は革命的すぎる…。今までの掃除機は何だったんや。

自動ゴミ収集機能

ゴミ収集ドック

一番のウリとも言える自動ゴミ収集機能も最高でした。

ドックに戻すだけで溜まったゴミを自動で吸い取ってくれるんで、今まで毎回やっていたゴミ捨て作業から解放されます。

ゴミ捨て時のホコリが舞い散る現象を一切気にする必要が無くなったんで、めちゃくちゃ清々しい気分。なんて画期的なんでしょう。

シャークの自動ゴミ収集ドック全体像
ドックに戻すだけでゴミ捨てと充電が完了するから、本当にスマート。

吸い取られたゴミはドックに蓄積されて、約30日分のゴミを溜めておくことが可能なんで、毎日使ってもゴミ捨ては月1でOKです。紙パッ
クとかも要らないので、ランニングコストも掛かりません

ちなみにドックにはHEPAフィルターが搭載されていて、細かいチリやホコリを徹底的に閉じ込めることができます。

排気から細かいホコリが漏れ出たら意味ないんで、HEPAフィルターを付けてくれているのはめちゃくちゃ気が利くなぁと思いました。

出しっぱなしにしておけるデザイン性

横から見たEVOPOWER SYSTEM NEO+

今まで掃除機はクローゼットの中に収納していたんですが、現在はリビングに置いております。

お部屋のインテリアに馴染むデザインなんで、置きっ放しにしていても全く違和感がありません。

EVOPOWER SYSTEM NEO+ 正面から見たイメージ
白いお部屋に馴染むデザイン。
ヘッドパーツもスマートに収納
本体だけでなく、ヘッドパーツもまとめて収納できる。

目立ちすぎないひっそりとした佇まい。これですよ、求めていたのは。

NEO+のミスティックホワイトというモデルを選びましたが、これは大正解でしたね。

リビングに出しっぱなしにしているから、思い立ったときにすぐ掃除機を掛けられるようになりました。

あらゆる点で気が利いている

他にも気の利いた機能が沢山あります。商品説明の動画も貼っておきましょう。

例えば、バッテリーは2個付属していて簡単に交換できるんで、長時間の掃除にも対応可能。ランプの点灯状況でバッテリー残量もひと目で分かります。

シャーク本体のバッテリー
スティッククリーナー本体のバッテリー。持ち手の先端についていて、簡単に取り外せます。
ドックにある予備バッテリー
ドック側にもう一つ予備のバッテリー。2つのバッテリーを駆使すれば、50分近く稼働させることが可能。

床タイプやゴミの量に応じて吸引力を自動調整してくれるんで、いちいちモードを切り替える手間も不要(もちろん手動で切り替えることもできる)。

スティックがパキッと折れるのでソファの下なども掃除しやすいし、ワンタッチでハンディタイプとして使用することもできます。

折れ曲がるスティック部分
スティック部分は裏面のボタンを押すと折り曲げることが可能。
ソファー下を簡単掃除
折り曲げると、こんな感じでソファ下などが掃除しやすい!使う前は「この機能要るかなぁ?」とか思ってましたが、めっちゃ便利でした。
ハンディ型にしたシャークのスティッククリーナー
掃除機はハンディタイプとして使うことも可能。なんだか未来の武器みたいでかっこいいですね。

ヘッドパーツの着脱も超絶簡単で、片手でパッと切り替え可能。パーツはドック横に置いておけるので、いちいち手に取らなくて良くてスマート。

ドック横に並ぶヘッドパーツ
上から差し込む感じでヘッドパーツを変えられる。パーツをいちいち手に取る必要すらない!
ヘッドパーツの種類
左は布団などに使える小型ヘッド、真ん中がファブリック用ヘッド、右が細かいところ用ヘッド。
おまけで貰ったホース型ノズル
ホース型ノズル。これは本来商品に含まれないんですが、家電屋さんで購入した際にサービスで貰いました。冷蔵庫内の掃除などに使える。

ライトで照らしてくれるから暗いところのゴミも逃しません。

ライトで床を照らしてくれる
ライトで照らしてくれるの、地味に便利。机の下など、暗い場所もよく見える!

ダストカップなどのパーツは水洗いも可能で清潔に保てます。

スティッククリーナー側のダストカップ
掃除機本体側のダストカップ。これは簡単に取り外せて、水洗いもできる。

…この掃除機、死角が全く見当たりません(笑) デザインした人は天才でしょうか。

唯一、難点を挙げるとすれば価格でしょうかね。まぁこんだけ高品質・高性能なら仕方がないことでしょう。

個人的には、「値段に見合った価値は十分ある」と感じます。

最高峰の掃除機、生活をも変えてしまう

EVOPOWER SYSTEM NEO+の佇まい

ここまで自信満々に「100点!」と言える家電に、久しぶりに出会いました。

掃除機一つでこんなにテンションがブチ上がるとは(笑)

今までは掃除機をかけるのが億劫で週1くらいの頻度でしか掃除機掛けをしてなかったんですが、この掃除機なら毎日でも苦になりませんね。

いや、むしろ毎日使いたい。それくらい、使っていて楽しいです。

スッキリとしたドック

「面倒くさい」が「楽しい」に変わるってすごいですねぇ。ヘッドパーツが色々あるので、今まで掃除できなかった箇所もどんどん掃除したくなってしまいます(笑)

本当に素晴らしい製品は、生活をも変えてしまうインパクトがあるんだなぁ

この掃除機は完成度が高すぎて、もはや対等に戦えるライバルは現時点で市場に存在しない気がします。

あとは、壊れずに長く愛用できることを期待したいですね。2年保証もついているんで、そこまで心配はしていませんが。もし壊れたら、また同じやつを買うかもしれません(笑)

コメント