New「偏愛ヴィンテージ花瓶」を公開

僕の偏愛が始まった場所|BAR MEIJIU(バー メイジュ)

ライフスタイル

気づけばこのブログも今回で100記事目となりました。

一応キリのいい数字ではあるので、記念にいつもと趣向の違う記事にしてみようかと。

今回は僕の「偏愛」の由来について書こうと思います。

僕は自身のことを偏愛ミニマリストと名乗っておりますが、何度か書いている通り「ミニマリスト」の部分はアメリカのThe minimalistsに影響を受けております。

一方「偏愛」の方は、今回紹介するBAR MEIJIUさんに影響を受けました。

飯田橋のBAR MEIJIU(バー メイジュ)

BAR MEIJIU正面

こちらが東京都飯田橋にあるBAR MEIJIU(バー メイジュ)さん。

MEIJI(メイジ)にU(ユー)を付けて「メイジュ」と読みます。

ちなみにMEIJIUは中国語で「美味しいお酒」という意味らしい。

僕が初めて訪れたのは2015年あたりで、それから定期的に通い始めてかれこれ6年ほどになります。

BAR MEIJIU看板

看板が示す通り、メイジュは「カクテル・コーヒー・音楽」のBARです。

BARというと、もしかしたら「ハードボイルドなおじさんがタバコをふかしながらお酒を飲んでいる」みたいな光景をイメージされるかもしれませんが、メイジュはちょっと違います。

どちらかというと気軽に入れる雰囲気で、お客さんは老若男女幅広い感じ。

最近は女性のおひとり様も増えているように見受けられます。

BAR MEIJIUの店内1
ちなみに店内は禁煙で、いい匂いが漂ってます。価格も良心的。
BAR MEIJIUテーブル席
カウンター席のほか、奥にはテーブル席がある。

面白いのは、常連さんの中には「お酒が飲めない」という方もいらっしゃるということです。

モクテル(=ノンアルコールカクテル)も充実していて、お酒が飲めない方はそういったものを注文されているみたい。

“MOCKTAILS(モクテル)”とは、「似せた・真似た」という意味の「mock(モック)」と「cocktail(カクテル)」を組み合わせた造語で、ノンアルコールカクテルの新しい名前です。

引用元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-saladabowl/mocktails/
BAR MEIJIUのMOCKTAILS(モクテル)
これノンアルコール。メイジュでは他では飲めないような独創的で美しいモクテルを楽しめます。写真はTwitterより引用。

そこまで人を惹きつける理由は、たぶん店主が普通じゃないからだと思います(詳細は後述)。

BAR MEIJIUコーヒーを抽出する手元

最近ではWebメディアや雑誌でも紹介されることが増えており、「今東京で勢いのあるBAR」と言っていいでしょう。

直近だとこちらの雑誌でも取り上げられていました。

アンドプレミアム2021年9月号では「若いバー、おとなの一杯」で取り上げられています。

今は音楽好きの間で急速に認知が広まっているようですが、今後音楽好き以外の層にも人気が広まるのは時間の問題って感じがします。

ギークな店主

BAR MEIJIU氷を砕く手元

前項で軽く触れましたが、店主・松本さんの普通じゃないところは「こだわり力」です。

カクテル然り、コーヒー然り、音楽然り、そこから垣間見えるこだわり方がえげつないのであります。

BAR MEIJIUカクテルを作る手元
このこだわりが、後に僕の偏愛に繋がる。

例えば、コーヒー1つを取っても並々ならぬこだわりが見受けられます。

研究の為に都内のコーヒー屋はほぼ行き尽くし、和洋問わず書籍や文献を読みまくり、コーヒー豆の焙煎から淹れ方まで色んなパターンを試しまくって、最終的にコーヒー屋を超えるレベルまで知識・スキルをキレキレに磨きまくっておられる

BAR MEIJIUコーヒーを抽出する手元2
卓越した知識とスキルは、もはやその辺のコーヒー屋は軽く超えている感ある。

もちろんこれはコーヒーだけの話ではなく、カクテル・モクテル・音楽などに関しても同様。

ラベルが貼られた瓶
当然ながら、カクテル・モクテルの研究にも余念がない。
抽出器具
こういう理科の実験器具みたいなものや低温調理器なども駆使して芸術的なドリンクを作りあげる。
棚に並んだレコード
棚にびっしり詰まったレコード。僕はよくわかりませんが、マニアも唸るレベルっぽい。
レコードとスピーカー
巨大なスピーカーから、レコードの美しい音色が流れています。

店内設備にもこだわりが反映されていますし、店主自身の洗練された所作も注目です。

コーヒー抽出用のライト
コーヒーを淹れる際に使用されているライト。
大倉陶園のカップ
コーヒーカップは有名なアレです。

普通そこまでやらない」というところまで磨き込むのが松本さんスタイルなのでしょう。

そのレベルはもはや常軌を逸していると言えます(※褒めてます)。

ありきたりな言葉で表現すれば凝り性なのでしょうが、よりディープでオタク気質であるという意味を込めてギークと表現したいですね。

店内に足を踏み入れて少し周囲を観察すれば、きっとすぐに「こだわりが凝縮された店」であることに気づくはずです。

偏愛の始まり

グラスと水滴

そんなお店にずっと通っていたもんだから、いつの間にか僕もギークな気質が移ってしまいました

いや、「移った」というより「呼び覚まされた」の方が近いかもしれません。

僕も多分、生来の凝り性だったのでしょう。

それまで僕は、何でも「偏りすぎてはいけない」と心のどこかで思っていた節があります。

どこでインプットされたものなのかわかりませんが、何事もバランスよくやるのが良く、何かに偏りすぎるのはさも悪いことであるかのように感じておりました。

BAR MEIJIUのハンガーラック

しかしメイジュに通う中で、「何かをとことん極めた人の圧倒的な強さ」みたいなものを肌で感じまして、偏って良いしむしろ意識的に偏っていこうと思うようになりました。

これが偏愛の始まりというわけです。

BAR MEIJIUのウイスキー

このブログのキャッチコピーは「少しだけ、でも飛びっきり良いものを」ですが、実は構想段階では「どんどん偏っていこう」みたいなキャッチコピーも考えておりました。

このブログをお酒で例えるなら、ビールのように大衆ウケするものではなく、ウイスキーのように濃くて嗜好性の高い偏ったブログにしようと考えていたんですよね。

キャッチコピーは結局採用はしなかったものの、今でもブログの根底にはこの考え方が流れています。

この思想はメイジュに影響されて芽生えたものですから、メイジュ無くしてミニマログは存在しなかったかも知れません。

ミスターブラック(コーヒーリキュール)

ちなみに僕が偏愛アイテムとして紹介しているジェイエムウエストンの革靴竹俣勇壱氏のカトラリーなんかは、実は松本さんに教えてもらって知りました。

松本さんはファッション・カメラ・インテリアなどにも詳しく、いつも色々と教えてもらっています。

BARのある生活

BAR MEIJIUにてウイスキーを飲む手元
この写真は松本さんに撮ってもらいました。

BARに通う目的は人それぞれだと思いますが、僕にとってBARに通うことは日常におけるスパイスみたいな位置付けです。

僕のメイジュでの過ごし方は、本を読むか松本さんと会話するかのいずれかですが、その中で刺激を受けて新たなアイデアを思い付いたりすることも多い感じ。

レコード

創造性の4B」と言って、Bus(バス)・Bed(ベッド)・ Bathroom(風呂)・Bar(バー)はアイデアが浮かびやすい場所だと言われたりしますが、まさにその通りだなと実感しております。

シェイカーを氷で冷やす手元

ちなみにメイジュにはメニューが無いので、好みや飲みたいものを伝えればそれに合わせて作ってくれます。
※ただ「メニューがあった方が注文しやすいので、今後メニューを作るかもしれない」とのこと。

2021/07/28追記:モクテルのメニューができたようです!

バーメイジュのメニュー表
参考

「炭酸でさっぱりしたもの」とか「ちょっと甘めのやつで」とか、ざっくりしたオーダーでOK。

BAR MEIJIUのカクテル
これは「さっぱりした炭酸系で」とオーダーしたもの。夏っぽくて美味しかった。

何でも美味しいですが、僕のお気に入りはコーヒーのカクテルでして、めちゃくちゃ美味しいのでぜひ飲んでみて頂きたいです。

BAR MEIJIUのコーヒーカクテル
コーヒーカクテルはとろけるほど美味い。種類も何種類かある。

自粛中はアルコールが飲めないんで、そういうときはノンアルコールのモクテルを頼んで、〆にコーヒーなんて流れが良いんじゃないでしょうか。

店内はカウンター席とテーブル席がありますが、カウンター席がおすすめです。

BAR MEIJIUバーカウンターと本

一歩足を踏み入れれば、どこか異世界チックな雰囲気が、意識を非日常へと誘ってくれることでしょう。

誰にでもおすすめできるお店ですが、個人的には「BARに行ったことがない」という人こそ、メイジュに訪れてみて頂きたいです。

癒しが欲しい人も、刺激が欲しい人も、きっと満足できると思います。

項目名詳細
店名BAR MEIJIU(バーメイジュ)
営業時間15:00~24:00
※コロナ禍は営業時間が変わっている&変わりやすいため、詳細はSNS等でチェックください。
定休日不定休
住所東京都千代田区富士見2-7-2 プラーノモール C103
電話番号03-6272-6969
支払いクレジットカード可・電子マネー可
SNSTwitterFacebookInstagram

※昔からなんですが、Googleマップで検索すると絶妙に違う位置が表示されます(笑) 迷ったときは「横浜家系ラーメン 家家家」さんを目指してください。この隣がメイジュです。


(あとがき)
ちなみにこの記事はPR記事じゃないんで、僕が好き勝手に書きました。

一応ブログに書くってことで許可は貰いましたが、事前に中身は見せていません。

なんか文句言われないことを祈ります(笑)

▼この記事を書いた人

「少しだけ、でも飛びっきり良いものを 」が生活テーマの30代ミニマリスト。

1988生まれ|東京在住|趣味:読書・コーヒー・ファッション・カメラ・アート・サボテン・執筆

ブログの裏側 ライフスタイル
LINEで新着記事をお届け

ミニマログのLINE公式アカウントができました。新着記事が公開された際、LINEで通知を受け取ることができます。

また、トークからメッセージをお送り頂くことも可能ですので、ご質問等あればお気軽にお寄せください。

シェアする
MINIMALOG(ミニマログ)

コメントはこちらから(お気軽に!)

タイトルとURLをコピーしました