New「新しいキッチンと道具」を公開

NIKE PRO(ナイキプロ)のトレーニングウェアがめちゃくちゃ快適で感動した

NIKE PRO(ナイキプロ)のトレーニングウェア

最近はジムでトレーニングをしているんですが、その時に着るウェアを新調しました。

今までユニクロの服を着ていたのですが、NIKEで良さげなものを見つけたので試しに買ってみたところ、想像以上に快適でビックリ

快適なだけでなく、ウェア1つでパフォーマンスも向上した感がありまして、ちょっと感動したのでご紹介したいと思います。

ウェアにこだわってみる

前までは、ユニクロのTシャツとハーフパンツをトレーニングウェアとして着ておりました。

以前まで着ていたユニクロのウェア
Tシャツはスポーツ用ですらなく、普通のプレミアムコットンT。

ジムで着るウェアなんて何でもいいやと思ってまして、何も考えず適当に見繕ったものです。

しばらくこの格好でワークアウトしていたのですが、プレコンTはスポーツ用ではないので、汗をかくと身体にまとわりついて多少の不快感があったんですね。

僕は激しい動きで大量に汗をかくようなワークアウトをやっているので、もっとちゃんとしたトレーニングウェアを着た方が快適なんじゃないかと思い始めました。

こだわりのウェアを着た方が気分的にも上がりそうですし、良い機会なんでトレーニングウェアをアップデートしてみることに。

NIKE PRO(ナイキプロ)のトレーニングウェア

ナイキのトレーニングウェア3種

そうして購入したのが、こちらのNIKEのトレーニングウェアです。

僕はNIKE PRO(ナイキプロ)という、アスリート向けのシリーズを買いました。

購入したアイテム
  • ナイキ プロ Dri-FIT メンズ タイト フィット ショートスリーブ トップ
  • ナイキ プロ Dri-FIT メンズ 3/4 タイツ
  • ジャージハーフパンツ モンスタ メッシュ 5.0 ショート

このNIKE PROシリーズ、機能面の特徴としてはこんな感じです。

通気性に優れた構造
背面、両サイド、脇下の熱がこもりやすい部分にメッシュを配し、通気性を確保。動きがヒートアップしても涼しい状態が持続します。
優れた速乾性
Nike Dri-FITテクノロジーが肌から汗を逃がしてすばやく蒸発。さらりと快適な状態をキープします。
不快感のない動き
軽量で伸縮性に優れた素材と裾のベントが、高負荷トレーニング中も自然な動きをサポートします。フラットな縫い目が滑らかな肌触りを提供。他のトップの下に重ね着しても快適です。

ナイキ公式サイトより引用

ちなみにハーフパンツだけはNIKE PROシリーズではないものを買っております(理由は後述)

ナイキプロ着用イメージ1
背景の光は、以前紹介した「DIYした光る本棚」です。撮影にも使える本棚(笑)

NIKEのウェアなんて学生時代ぶりくらいに買いましたが、意外と安くて助かりました。もっと高いもんかと思ってましたねー。

他のブランドも色々見てみましたが、デザイン的にしっくり来たのがNIKEだったんで、全身NIKEで揃えた感じです。

実際に使ってみて驚いた

ナイキプロ着用イメージ全身
もうちょい引きで全身を写すとこんな感じ。

これを着て実際にワークアウトしてみたら、想像以上に快適でした。

僕が良かったと感じた点をざっとまとめてみます。

滝汗をかいても汗が滴り落ちない

ナイキ3/4タイツ

ユニクロの服を着ていたときは、運動中に汗が滴り落ちて足元が滑ることがあったんですよ。

ところがNIKE PROに変えてみると、汗が全然床に落ちなくなりまして、これだけでもかなりワークアウトに集中できるようになりました

Dri-FIT機能があるのに加え、タイツをプラスしたってのもデカかったのかもしれません。

また、僕が購入したブラックは大量に汗をかいても全く汗染みが目立たないです。

汗だくでもスマートに見えるって点も、個人的には気に入りました。

ちなみにトレーニング終わりはびしょ濡れになっているんで、こちらの防水加工のプルーフ巾着に入れて持ち歩いております。

ソロ・ツーリスト プルーフ巾着
内側が防水加工になっているんで、濡れたウェアを入れるのに重宝しています。

涼しい

速乾性があるからか、汗をかくとヒンヤリ感じます。

ユニクロのTシャツよりも体感的に涼しい感じがして、明らかに快適性が上がりました

ナイキプロのメッシュ部分
ちょっと分かりづらいですが、脇や背中の部分はメッシュ加工が施されていて、熱がこもらないように設計されています。

やっぱコットンのTシャツとは全然違いますね…。

コットンの方が肌触り的には好みなんですが、やはり汗をかくシーンではポリエステル系の方が快適。

背中長めなので下着が見えない

これはトップスの話なんですが、前側より背中側の生地の方が、丈が長く作られているんですね。

ナイキプロ着用イメージ2

着てみてわかったのですが、こういうデザインのおかげで、ワークアウト中にウェアが捲れて背中や下着が見えちゃったりするのを防げます

バーピージャンプやマウンテンクライマーなど激しい動きをすると、普通のウェアだと裾が上に捲れてきちゃうことがあるんですね。

特に前へ屈む動きをしたときなどに、背中側が捲れやすいです。

オッサンが背中や下着丸出しで動いている光景はまぁまぁみっともないんで(笑)、そういう事態を防げるのは素晴らしいんじゃないでしょうか。

よく考えて作られているもんだなぁと感心しました。

動きやすい

ナイキ3/4タイツの伸縮性

見ての通り超タイトフィットなんで、激しく動いてもバサバサせず動きやすいです。

NIKEの商品説明文では見つけられなかったのですが、NIKE PROもコンプレッションウェア(着圧ウェア)の一種になるんですかね?

着圧のおかげかは全くわかりませんが、初めてこれを着たとき、「なんかいつもより良い感じに動けるッ…!?」と心の中で感動しました(笑)

これほど肌に密着するタイプの服は好き嫌いが分かれるかもしれませんが、一度ハマるとクセになる着心地です。

トレーニングウェアのデザインについて

デザインに関して好みが分かれる点があるとすれば、この巨大なロゴではないでしょうか。

ナイキプロトップスのロゴ

僕もロゴが目立つのが嫌だったんで、最初はむしろロゴが無いウェアを探していたんですよ。

ですが色々とウェアを眺めているうちに、ロゴにもメリットがあるなぁと思えてきました

そのメリットとは「ロゴがあることによって下着っぽくなくなる」ということです。

全くの無地の場合、モノによっては下着みたいに見えてしまうことがあります。

ロゴ無しトップスのイメージ
ロゴが無い、無地トップスのイメージ。
引用元:https://www.uniqlo.com/jp/ja/products/E444128-000/00?colorDisplayCode=00&sizeDisplayCode=004

タイトフィットだと、より下着っぽく見えてしまうかもしれません。

オッサンが下着姿でトレーニングしているのはちょっとイタイですから(笑)、下着感が出ちゃうのはなんとしても回避したいところ。

というわけで、最初はロゴを毛嫌いしていましたが、トレーニングウェアに限って言えば「むしろロゴがあった方がいいじゃね」という考えに至り、このウェアをチョイスしたわけであります。

ナイキプロ着用イメージ3
これもロゴがなければ、下着っぽく見えてしまうかも?
ナイキプロ背面首元のロゴ
ちなみに背中側は首元にロゴが入っていて、後ろから見ても下着っぽくならない。気が利いてます。

まぁこんなスーパーマンのスーツみたいに巨大なロゴじゃなくて、胸元にワンポイントだけでいい気がしますが、あいにくそういうデザインの半袖は無かったんですよねぇ。

ハーフパンツ全然売ってない問題

ナイキのハーフパンツグレー

ハーフパンツもNIKE PROシリーズにしようかと思ったんですが、欲しい色が無かったんで別のものをチョイスしました。

ハーフパンツはグレーを選んでおります。

これはミニマログのロゴをちょっと意識してのことでして(笑)、黒+グレーはテーマカラーなので、この組み合わせにしてみました。

ミニマログ_ロゴ

こちらブログのタイトルロゴ。黒とグレーの組み合わせで作っているんで、ウェアもこの配色を意識してみた。

黒のハーフパンツを選んでも良かったんですが、そうすると全身黒一色になり、メリハリが無い感じになっちゃいそうだったんでやめておきました。

全身黒の着用イメージ
全身黒だとこういうイメージ。この写真はタイツにハーフパンツを合わせていますが、色が同じなので全身タイツにも見えてしまう。
引用元:ナイキ公式サイト

案外、ハーフパンツを探すのが一番難しかったです。

この時期だからなのかわかりませんが、全体的に在庫が少なくて、公式サイトを見ても良いデザインのものがなかなか見つからなかったんですよ。

こういうときは、公式サイトではなくAmazonなどのECサイトで探すと良いのが見つかりました。

ECサイトだと去年や一昨年のモデルもまだ一部売られていて、わりと選択肢が多い感じ。

僕が買ったのも、 実はちょっと古い2021年春夏モデルの商品です。

ウェアの演出効果

ナイキプロ着用イメージ4

今回、初めてちゃんとしたトレーニングウェアを着てみて思いました。

もっと早く買っておけば良かったと(笑)

トレーニング中に着ていて快適だし、見た目もなんかちょっとガチ勢っぽさが出るんで、気分が上がって良い感じです。

なんだかんだ、気分が上がるって要素も重要だと思いますから、機能もデザインも満足のいくウェアを手に入れられて良かったです。

これからも運動習慣を続けて、健康的でカッコいいウェアが似合う身体を目指していきたいと思います。

おまけ:最近のトレーニング方法

余談になりますが、最近はこんな感じで運動をしております。

月:休み
火:ボクササイズ
水:休み
木:ボクササイズ
金:休み
土:ボクササイズ
日:筋トレ

ゴリゴリのマッチョになりたいわけじゃないんですが、筋トレが少なめなんで、どうにかしてもうちょい筋トレを差し込めないか思案中。

基本的にジムに行って運動していますが、ジムに行けない場合は家でダンベルトレーニングなどをしている感じ。

ダンベルは、可変式ダンベルという簡単に重さを変えられるものを愛用しております。

可変式ダンベルとiPhoneとイヤホン
左に写っているのが可変式ダンベル(アジャスタブルダンベル)。ダイヤルを回すだけでウェイト変更ができて便利。

また、僕は持っていないのですが、最近はバーンマシンという筋トレ器具も気になっています。

以前から知ってはいましたが、何に効くのかイマイチよく分かんなかったんで購入は見送っていました。

ところが最近、バーンマシンを取り入れたワークアウト動画を観てみたら、結構バリエーションがあって自宅でやるトレーニングとしてはなかなか良さげに思えまして。

ただ回すだけじゃなくて、色んな動きと組み合わせて使えるなら良いのかもなと。

こういったものも上手く取り入れて、もうちょい筋肉と持久力をつけていこうかと思っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました